りんごは二日酔いにも効果的なことがわかっています。

その理由をこれからお話したいと思います。

りんごの成分に、ビタミンCやクエン酸があります。ビタミンCには、たくさん摂取したアルコール分を分解する働きがあり、アルコール分を分解することで肝臓を癒す働きもしてくれます。

また二日酔いの原因となる物質を減らす働きもしてくれます。

このようなビタミンCの働きは、りんごだけでなく、レモンやグレープフルーツなどに含まれるビタミンCも同じような働きをします。

またりんごの成分であるクエン酸は、肝臓の機能を高めてくれる働きがあります。

アルコールは肝臓で分解されるため、この肝臓の機能が低下していると二日酔いになりやすくなってしまいます。

りんごの成分であるクエン酸には、肝臓の機能を高めたり、肝臓に吸収されるアルコールの刺激を和らげたり、二日酔いの原因となる物質を減らしたりしてくれます。

またりんごの成分であるリンゴ酸は、胃の働きを良くしてくれたり、疲れを回復してくれたりもします。

このようにりんごに含まれる成分には、二日酔いに効果のある成分が多く含まれています。

ドイツという国は、ビール大国で知られていますが、そのドイツでもりんごが二日酔いに良いということが知られています。

飲み過ぎてしまって二日酔いになりたくないという方は、その対策にりんごを召し上がったり、リンゴジュースを飲むということをしてみてくださいね。