8時間ダイエットとは

8時間ダイエットは、アメリカで考案されたダイエット法です。

8時間のあいだにすべての食事を済ませてしまうという方法です。

そして残りの16時間は、食べ物を一切口にしないようにします。

このように8時間のあいだで一日の食事のすべて済ませ、残りの時間を断食することで内臓が休憩する時間を作ることができ、それによって新陳代謝が高まりダイエット効果が期待できるということになります。

8時間のあいだにすべての食事を済ますことと、それ以外の時間は何も口にしないことを守れば、食べることに関して他に制限はありません。

食事の量も決まっていませんし、何を食べてもよいということになっています。

また次の8種類の食べ物から一日2種類ほど選んで食べるようにするとよいです。

8種類の食べ物とは、卵とお肉(脂の少ないもの)、ナッツ類、豆類、乳製品、ベリー類、緑の野菜、全粒粉で作られた穀物、フルーツになります。

また8時間ダイエットをより効果的なものにしたいという方は、一日約8分有酸素運動をすることやこまめに水分補給をすることなども行ってみましょう。

運動は有酸素運動ならどんなものでも構いません。

ウォーキングやランニング、ダンスなど最低8分という短い時間でできるものを行ってください。

もちろん、8分以上運動していただいても構いません。

8時間ダイエットは食事量は特に決まっていませんが、だからと言って暴飲暴食をするのは控えるようにしましょう。

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットは、16時間食べ物を口にしない時間を設けることによって消化器官の働きを休ませることができます。

それによって胃腸の機能も休むことができ、新陳代謝も高まることからダイエットに効果的だと考えられています。

またこの8時間ダイエットは、生活習慣の改善にもなります。

食事ができる時間が一日8時間以内と決まっているためです。

食事をする8時間を、8時~16時、9時~17時、12時~20時などのように決めておけば、夜遅くに食事をしなくなるため、生活習慣を改善することができます。

8時間ダイエットをすることでだらだらと食べてしまうこともなくなるでしょう。

8時間ダイエットは、新陳代謝を高めて痩せやすい体質にしてくれたり、生活習慣を見直すことができます。

8時間以内なら食べる量にそれほど制限をかける必要はありませんが、暴飲暴食をしないように気を付けましょう。

暴飲暴食をしてしまうと、せっかくのダイエットの効果も表れにくくなってしまいます。

8時間ダイエットは、糖質制限をする必要もありませんし激しい運動を行う必要もありませんが、その分食べる量はあなたにとって適度な量にしておきましょう。

また水分を補給するときは、水かお茶をお勧めします。

糖分が含まれているジュースやアルコールはダイエットには向いていません。

ジュースやアルコールは、自らのお楽しみのときだけにして飲む量を控えるようにしましょう。